アグリボ製品 生物試験

弊社では、製品の新たな効能の確認や製品を最大限に活かすための使用方法 (最適濃度 · 使用適期 · 回数など) を見つけ出すために、日々様々な試験を行っております。

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader (無償) が必要です。
インストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロードしてください。

No. 試験項目 主な試験結果および考察 詳細
HS0301 ビート生育期増糖確認
現地試験 (北海道)
アグリボEX1,000倍希釈液の23回葉面散布で、
無処理に比べ根重が平均4.0%、糖量が3.8%増大した。
SS0306 小かぶ根部 (可食部) の
生育促進
1,0002,000倍希釈液の葉面散布で茎葉重の抑制と根部重の増大が認められた。
その効果は展着剤の加用で助長された。
SS0310 トマトのホルモン剤
混用最適濃度
アグリボEX1,000倍加用で、ホルモン剤単用に比べ着果の揃いが良好であった。
(アグリボ2使用時指導の) 200倍混用では、着果率が劣る傾向が見られた。
SS032E 小松菜の
硝酸態窒素の軽減効果
アグリボEXを連続葉面散布した茎葉中の硝酸態窒素の含有率は、無処理区と他の液肥区のそれらに比べて低く、アグリボEXには硝酸態窒素を蓄積させない又は消化させる効果が有り得る。
SS0327 ビート育苗期
灌水散布試験
明らかな徒長抑制効果は認められなかったが、地上部を抑制すると同時に地下部を充実させる可能性は見出せた。250500倍希釈液の本葉展開直後2回散布で、根の伸長と本葉の展開促進の傾向が認められた。
SS0328 ビート育苗期
初期生育促進効果
アグリボEX5001,000倍希釈液を育苗期本葉展開後に2回灌水散布することにより、移植後の地上部および地下部の初期生育 (特に根部伸長) を促すことができる。
HT0401 ビート育苗 · 生育
現地試験 (北海道)
アグリボEX500倍希釈液2回灌水処理で充実した苗が得られた。
徒長抑制剤S剤の併用で、更に充実した苗、わずかであるが増収 · 増糖が見られた。
NT0401 ビート育苗期
現地試験 (北海道)
徒長抑制はないが根量の増大が見られた。
S剤との混用で、徒長抑制の助長 · 根量増大が見られた。
TT0401 にんじん現地試験
(北海道十勝地区)
育苗初期の葉面散布で、明らかな増収と肥大の揃い向上が見られた。
また、生育中期以降の散布では、過剰肥大による裂根の恐れがある。
SS0410 にんじんの肥大効果 4葉期から710日間隔で、アグリボEX1,000倍希釈液を23回葉面散布することにより、等級の揃った良質なにんじんの肥大 · 増収が図れる。
SS0414 ばれいしょ増収効果Ⅰ 着蕾初期処理で、増収と歩留まり向上 (等級の改善) が見られた。
SS0415 ばれいしょ増収効果Ⅱ 着蕾初期処理による塊茎の初期生育の揃いと、開花期処理による肥大促進が見られた。
SS0418 柿果実着色促進 アグリボEX5001,000倍希釈液を茎葉全体または果実に散布で、果実の着色を促進、500倍希釈液散布で果実の熟期を促進した。葉への影響は認められなかった。
SS0420 ビート育苗期処理
徒長抑制
アグリボEX20500倍とS液剤20倍の混合希釈液を噴霧処理することで、S液剤の徒長抑制効果を助長し (速め)、T / R比を更に下げることができる。
SS0423 小麦生育期処理
稈の強化
幼穂形成期 (7葉期)〜9葉期のアグリボEX500倍希釈液の3回散布で、下位節間が短縮した。節間伸長開始期 (8葉期) からのアグリボEX500倍希釈液の12回散布で、穂重 · 穂重 / 稈重比を増大させた。
SS0424 小麦幼苗期処理
生育促進
1,000倍希釈液の12回散布で、分げつ数 · 葉令 · 草丈を進展させた。
500倍希釈液の12回散布で、株当たりの穂重を増大させた。
SS0608 菊挿し木 / 発根促進 ホルモン剤 (IBA液剤) の挿し木前浸漬条件下で、
アグリボEXを混用すると、優れた発根促進の助長効果が認められた。
SS0610 トマトのセルトレイ
育苗期の健苗育成
アグリボEX500倍希釈液を1.5葉期に1回、2.5葉期に1回の計2回散布するのが最も効果が安定する。
SS0611 トマトの鉢上げ時以降の
健苗育成
アグリボEX250倍希釈液の鉢上げ時どぶ漬け処理、または500倍希釈液の鉢上げ時どぶ漬けと5葉期の葉面散布の体系処理により、地上部の抑制(特に下位節間の短縮) · 茎葉部の組織および発根を充実させることができる。

このページのトップへ

No. 試験項目 主な試験結果および考察 詳細
SS0313 きゅうりでのカルシウム成分の吸収 · 移行 ヤワラ1,000倍希釈液散布1日後、更に3日後に、散布部位から上位葉へのカルシウム成分の速やかな移行が認められた。
SS032Y 小松菜の
硝酸態窒素の軽減効果
ヤワラを葉面散布した場合、窒素源が硝酸態でありながら、茎葉中の硝酸態窒素の含有率は低く抑えられていた。
SS0601 そら豆 / 低温障害軽減 ヤワラ500倍希釈液を12回葉面散布処理することで、幼苗期の低温障害を大きく軽減した。
SS0605 きゅうり / 萎れ軽減 ヤワラ500倍希釈液の生育期の定期的な散布で、きゅうり茎葉の萎れに対する耐性と回復力が認められ、果実の肥大 · 品質確保が確認された。
SS0619 トマト / 尻腐れ症軽減 トマトの果実肥大期に、ヤワラ1,000倍希釈液を12週間置きに数回葉面散布、または灌水処理することで、尻腐れ症の発生を防止できる。
SS0621 菊切花 / 水揚げ液量 ヤワラ1,000倍希釈液継続浸漬で、良好な水揚げ効果を示した。

このページのトップへ

アグリボEX + ヤワラ 混用

アグリボEX 製品情報  ヤワラ 製品情報

No. 試験項目 主な試験結果および考察 詳細
SS0321 キャベツ高濃度散布 ヤワラ500倍使用で生育は良好で、問題は無かった。
ヤワラ250倍については、無処理に比べ生育がやや抑制され、またアグリボEX500倍との混用では新葉に僅かに奇形を生じたため、注意を要する。
SS0323 混用葉面散布
最適濃度の検討 (小かぶ)
アグリボEX単用よりもヤワラとの混用の方が明らかに根重増加が優れる。
アグリボEX · ヤワラの最適混用希釈倍率は、各々1,000倍であった。
SS0326 玉ねぎ高濃度散布 ヤワラ250 · 250+アグリボEX500倍使用で苗の生育に悪い影響は認められなかった。
SS1101 長ねぎの育苗初期処理
移植苗の品質向上
アグリボEX500倍と、ヤワラ500倍の混合液を数回葉面散布処理することで、その後の生育が促進され、極めて上質の苗の早期採取が可能となる。

このページのトップへ

No. 試験項目 主な試験結果および考察 詳細
HK0001 アグリボ味覚宣言処理
が、水稲に及ぼす影響
無処理区に比べ、収量 · 食味 · 根量 · 倒伏程度において良好な結果を示した。
※ この試験は、従来のアグリボ味覚宣言 [錠剤タイプ] で行ったものです。
SS0809 水稲 (水耕栽培) の
味覚宣言処理試験
味覚宣言25ppmを出穂2025日前に投入すると、
粒数が増加し下位節間が短縮、根量が増大する。

このページのトップへ