アグリボEXの小かぶの生育に与える効果確認試験

1. 試験目的

アグリボEXの葉面散布が、
小かぶ茎葉部と根部 (可食部) の生育におよぼす効果を確認し、かつ最適使用濃度を検討する。

2. 試験方法

本葉出葉時から7日おきにアグリボEX (各希釈液) 定期散布する。

対照区として、アグリボ2と、市販液肥 x1,000 (標準使用倍率 · N:8 P:5 K:5)。

3. 調査項目

根重 (可食部 · 生) 、茎葉重 (生) をそれぞれ調査 · 比較する。

4. 試験結果

試験区 根重 (g) 茎葉重 (g) 根重 / 全重比 (%)
アグリボEX x2,000 28.1 21.4 56.7
アグリボEX x1,000 29.3 21.1 58.1
アグリボEX x1,000
浸透性界面活性剤 x1,000
34.6 23.3 59.8
アグリボEX x500 27.3 24.1 53.1
アグリボ2 x1,000 28.3 24.6 53.5
市販液肥 x1,000 19.9 25.0 44.3

① アグリボEX各区とも市販液肥区と比べ根重を増加させる効果が見られ、
浸透性界面活性剤混用区では、その効果が顕著に現れた。

② 茎葉部での光合成による糖の根部への転流の指標と思われる、
根重 / 全重比においても同様の結果が得られた。

小かぶ / 根重

小かぶ / 茎葉重

小かぶ / 根重·全重比

5. 考察

アグリボEX x2,000〜x1,000 の葉面散布は、小かぶの茎葉重を抑制し根重を増加させる。

これは、茎葉中の糖の根への転流が促進された結果と思われる。

この効果は、浸透性界面活性剤の加用によって顕著になる*。

* この結果からヤワラ (展着促進材入り) との混用散布試験をおこなう。

葉で作られた養分を根部へ転流させる効果から、
小かぶに限らず他の “根菜類での効果” も期待することができます。

試験結果から応用できる作物

詳しくはアグリボ製品の作物別ご使用方法 “アグリボこよみ” をご覧ください。

上記以外の作物のこよみ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader (無償) が必要です。
インストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロードしてください。

このページのトップへ