アグリボ3“曇空を、味方に。”

アグリボ3 は 植物の大敵 “日照不足” を克服するために開発された「葉面散布剤」です。

トレハロース、メチオニン、酵母菌内容物、酸化チタンが配合されています。

作用と特長

雨や曇りの日は地表に届く可視光線(光合成で利用する光)の量が減り、雲を通過する近紫外線は変わらず地表に届きます。植物はこの近紫外線を利用できないため、曇天が続くと光合成能力が低下し生育が悪くなってきます。その近紫外線に特異的に反応するのが「酸化チタン」。光触媒として働き植物の光合成を手助けします。

光合成と酸化チタン 「アグリボ3」の3大成分

この光触媒として働く酸化チタン、トレハロース、植物ホルモンのエチレンの前駆体であるアミノ酸の一種メチオニン、酵母菌内容物が、日照不足の時に起こる糖の生成不足や、発根不良、生育不良を未然に防ぎます。

基本的な使用方法

3,000倍希釈液を葉面散布。 作物別使用方法 >>

ここだけは、押さえておきたい

  • 曇天が続く前に

    植物にとって日照不足は大敵です。植物を守るためにアグリボ3で乗り切りましょう。

  • 曇天の合間に

    やっと見つけた晴れ間。この日を有効に活用してアグリボ3でその後に備えましょう。