トマトの鉢上げ時以降のアグリボEX処理による健苗育成

1. 試験目的

アグリボEXを、トマトのポット鉢上げ時からそれ以降に処理し、健苗育成の効果を確認する。

2. 試験方法

タキイ交配 「桃太郎ファイト」 を128穴セルトレイに播種、ポリポット移植の前後に薬剤処理 (どぶ漬け、葉面散布) し、最終処理2週後に生育調査。

■ 試験日程
播種後日数 21 32 33 47
葉期 2.5
(移植)
- 5 9
薬剤処理 どぶ漬け - 葉面散布 -
生育調査 - 中間調査 - 最終調査
■ 試験区設定および処理時期
薬剤 希釈倍率 どぶ漬け1 どぶ漬け1
⇒ 葉面散布1
葉面散布1
アグリボEX 1,000 -
500
250 -
液肥 * 500 -
無処理 -

◯ 囲み数字は試験区番号

アグリボEXと同等のN · P · K濃度の化成液肥試作品 (N · P · K = 3.5 · 1.0 · 3.5%)

3. 試験結果

(1) 草丈

試験結果 - 草丈

  •  試験区③(アグリボEX250倍どぶ漬け)、試験区⑥(アグリボEXの500倍のどぶ漬け⇒葉面散布)、試験区⑨(アグリボEXの500倍の葉面散布)で、僅かであるが草丈が抑制された。
  •  試験区⑦(アグリボEX250倍どぶ漬け⇒葉面散布)は、試験区⑥より草丈が短縮せず、投下窒素が過剰となった可能性がある。

(2) 節間長累計

試験結果 - 節間長累計

■ 移植前どぶ漬け処理
②(500倍)と、
①(1,000倍) 、④(液肥500倍) との比較
24葉節間が短縮
③(250倍)と、②(500倍) との比較 節間短縮部分が、1〜5葉間に拡大
■ 移植前どぶ漬け処理 ⇒ 5葉期葉面散布処理
⑥(500倍)と、
⑤(1,000倍) 、⑧液肥(500倍) との比較
15葉間の広い範囲で節間が短縮
⑦(250倍)と、⑥(500倍) との比較 13葉間の節間短縮が、35葉間の伸長で打ち消されており、過剰窒素の影響と考えられる
■ 5葉期葉面散布処理
⑨(500倍)と、⑩無処理 との比較 46葉間で節間が短縮

 アグリボEXの、2.5葉期どぶ漬け処理 (250500倍) で、主として下位 (24葉) 節間が短縮され、5葉期葉面散布 (500倍)で、主として上位 (46葉) 節間が短縮される。

(3) 茎葉風乾重比率

試験結果 - 茎葉風乾重比率

 試験区②(アグリボEX500倍どぶ漬け)、試験区⑥·(アグリボEX250500倍どぶ漬け⇒5葉期葉面散布)で、明らかに風乾重比率が上昇し、組織内容物の充実を示唆している。

5. まとめ

トマトのポット鉢上げ時、またそれ以降にアグリボEXを処理し健苗を育成する場合、地上部の抑制 (特に下位節間の短縮度)、茎葉部組織の充実度などから総合判断すると、 アグリボEX250倍希釈液を、鉢上げ時にどぶ漬け処理または、 アグリボEX500倍希釈液を、鉢上げ時にどぶ漬けし、5葉期に葉面散布をする体系処理の効果が最も安定する。

試験結果から応用できる作物

詳しくはアグリボ製品の作物別ご使用方法 “アグリボこよみ” をご覧ください。

上記以外の作物のこよみ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader (無償) が必要です。
インストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロードしてください。

このページのトップへ