水稲 (水耕栽培) の 味覚宣言処理試験 <抜粋>

1. 試験目的

水耕栽培で育成した水稲の幼穂形成期前後に、
「味覚宣言」を培養液混入処理し、その後の生育と収量 · 品質に与える効果を確認する。

2. 試験方法

(1) 栽培

キヌヒカリ苗を 1 / 5000a ワグネルポットに移植し、木村氏B液改良培養液で水耕栽培。

(2) 薬剤処理

A : 出穂の30日前 (穎花原基分化開始期)

B : 25日前 (幼穂形成期)

C : 19日前 (減数分裂始期)

A〜C期に、味覚宣言を 2〜500ppm 濃度相当になるように培養液に混入し数日間処理。

※ 標準使用量の「味覚宣言」が5cmの田面水中に均一に拡散した場合の濃度は20ppmであるが、
実圃場の場合は土壌表面に吸着されるため、実質濃度は 2〜10ppm 程度になると推定した。

3. 試験結果

■ 第4 · 5節間長 (主稈 / mm)

第4・第5節間長 - 1第4・第5節間長 - 2第4・第5節間長 - 3第4・第5節間長 - 4

■ 根重 (株当たり風乾重 / g)

根重 - 1根重 - 2根重 - 3根重 - 4

■ 精玄米重 (株当たり風乾重 / g)

精玄米重 - 1精玄米重 - 2精玄米重 - 3精玄米重 - 4

4. 考察

「味覚宣言」の使用時期と効果発現について、以下の可能性があることが明らかとなった。

1. 幼穂形成期 (出穂25日前ころ / 次葉抽出始期) 処理 ⇒ 下位節間の短縮 · 根量増大
による倒伏軽減。

2. 減数分裂始期 (出穂20日前ころ / 止葉抽出始期) 処理 ⇒ 粒数増加による増収。

※ 試験結果の詳細をご覧になりたい方は、こちらへご連絡ください。

このページのトップへ