アグリボEXとヤワラ混用葉面散布が、小かぶ生育に与える効果確認試験

1. 試験目的

アグリボEXとヤワラの混用葉面散布が、小かぶ茎葉部および根部 (可食部) の生育におよぼす効果を確認し、かつ最適使用濃度を検討する。

2. 試験方法

本葉約5葉時から7日おきに、
アグリボEX x1,000 + ヤワラ混用液 (各希釈液) を計4回定期散布する。

対照区として、アグリボEX単用区と、市販液肥 x2,860 (N:8 P:5 K:5)。

※ 市販液肥 x2,860 希釈液中N濃度 = 35ppm (アグリボEX x1,000 希釈液のN濃度と同等)

3. 調査項目

根重 (可食部 · 生) 、茎葉重 (生) をそれぞれ調査 · 比較する。

4. 試験結果

試験区 根重 (g) 茎葉重 (g) 根重 / 全重比 (%)
アグリボEX x1,000
ヤワラ x500
42.2 37.5 52.9
アグリボEX x1,000
ヤワラ x1,000
48.3 39.4 55.1
アグリボEX x1,000
浸透性界面活性剤 x1,000
36.0 38.7 48.2
アグリボEX x1,000 [単用] 38.9 39.2 49.8
市販液肥 x2,860 39.2 35.8 52.3
無処理 32.5 38.3 45.9
ヤワラ x1,000 [単用] (参考試験区) 38.7 41.0 48.6
ヤワラ x500 [単用] (参考試験区) 40.1 36.0 52.7

小かぶ根重 (アグリボEX x1,000 との混用結果)

小かぶ茎葉重 (アグリボEX x1,000 との混用結果)

小かぶ根重 / 全重比 (アグリボEX x1,000 との混用結果)

5. 考察

ヤワラ1,000倍混用区で、アグリボEX単用区より明らかに根重が優れ (約24%増)、ヤワラ500倍区がこれに次いだ。参考試験区で、ヤワラの500倍希釈使用で根重が、1,000倍に比べ抑制される傾向は見られないため、これはヤワラの展着効果が500倍希釈より1,000倍希釈でより強く発揮されたと考察する。

アグリボEXとヤワラを小かぶで混用散布する場合、各々1,000倍希釈で使用した場合の根重増加が最も優れる。また薬害も無い為、この組合せが最適使用濃度と判断する。

試験結果から応用できる作物

詳しくはアグリボ製品の作物別ご使用方法 “アグリボこよみ” をご覧ください。

上記以外の作物のこよみ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader (無償) が必要です。
インストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロードしてください。

ヤワラ - 製品情報

このページのトップへ