トマトにおけるアグリボEXのホルモン剤加用についての確認試験

1. 試験目的

アグリボ2をトマトの開花期にホルモン剤を加用する場合、200倍程度の高濃度で使用されていた。アグリボEXにおいても同様の使われ方が予想されるため、その適正濃度を確認する。

2. 試験方法

葉令15〜16葉の成苗の第1段および2段目の花房 (3〜5花が開花したもの) に、
ホルモン剤 + アグリボEX (各希釈液) を1回噴霧。

3. 調査項目

花梗数、着果数 (直径10mm以下の果実を除く)、果実の直径をそれぞれ比較する。

4. 試験結果

試験区 花梗数
(3房あたり)
着果数
(3房あたり)
着果率
(%)
果実直径 (mm)
最大 最小 平均
アグリボEX x200
ホルモン剤 x50
15 11 73.3 35.5 21.4 29.4
アグリボEX x200
ホルモン剤 x100
17 9 52.9 39.6 12.8 29.1
アグリボEX x1,000
ホルモン剤 x50
16 13 81.3 35.8 12.4 26.1
アグリボEX x1,000
ホルモン剤 x100
19 17 89.5 33.5 13.5 28.9

アグリボEX x200 + トマトトーン x50 / ヒストグラム

アグリボEX x200 + トマトトーン x100 / ヒストグラム

アグリボEX x1,000 + トマトトーン x50 / ヒストグラム

アグリボEX x1,000 + トマトトーン x100 / ヒストグラム

① アグリボEX1,000倍で加用した場合、
アグリボEX 200倍に比べ着果率が向上する傾向が見られた。

② さらにアグリボEX 1,000倍区では、
アグリボEX 200倍区に比べ、玉揃いも良くなる傾向が見られた。

5. 考察

「アグリボEX」を、ホルモン剤に加用しトマトの開花期に噴霧する場合、
200倍ではなく1,000倍使用が実用上好ましく、最も効果的な使用倍率であると考えられる。

試験結果から応用できる作物

詳しくはアグリボ製品の作物別ご使用方法 “アグリボこよみ” をご覧ください。

上記以外の作物のこよみ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader (無償) が必要です。
インストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロードしてください。

このページのトップへ