アグリボEXが、柿果実の着色に与える効果の確認試験

1. 試験目的

アグリボEXを柿の着色開始期の着果枝に散布処理し、
果実の着色 · 熟期促進効果と茎葉に与える影響を確認する。

2. 試験方法

冬柿 (67年生) の果実着色開始期に、着果枝または果実に薬液を散布。

散布約1ヵ月後に、果実の着色の変化 (肉眼、写真撮影)、葉色の変化 · 落葉の有無、落果の頻度を調査。

■ 試験区
試験区 アグリボEX
希釈倍率
展着剤A
希釈倍率
散布部位
500 1,000 着果枝全体
果実のみ
1,000 着果枝全体
果実のみ
無処理 着果枝全体

3. 試験結果

果実の着色の変化 (写真参照)

アグリボEXを散布した試験区①〜④で差異は認められず同様に橙黄色化が進んだが、アグリボEXを散布しなかった試験区⑤は緑色味が残った。

葉色の変化、落葉の有無

すべての試験区で、葉色の変化 · 落葉の促進等の異常は認められなかった。

落果 (主として鳥害による) の頻度

試験区 散布条件 散布時 調査時 欠果率
アグリボ
EX
500
全体 6 1 83%
果実 6 3 50%
1,000
全体 6 5 17%
果実 7 6 14%
無処理 調査せず
欠果率

アグリボEX1,000倍希釈液を散布した“試験区③④”より、500倍希釈液を散布した“試験区①②”の方が鳥害や自然落果による欠果率が高かった。これはアグリボEX500倍希釈液の方が、1,000倍希釈液よりも果実の熟期が促進されたためと考えられる。

5. まとめ

  • ● アグリボEX5001,000倍希釈液を茎葉または果実散布で、柿果実の着色を促進出来る。
  • ● アグリボEX500倍希釈液の茎葉または果実散布で、柿果実の熟期を促進出来る。
  • ● アグリボEX5001,000倍希釈液の茎葉散布で、柿の落葉は助長されない。

試験区① - アグリボEX 500倍 / 着果枝全体試験区①
アグリボEX 500倍 / 全体

試験区② - アグリボEX 500倍 / 果実のみ試験区②
アグリボEX 500倍 / 果実

試験区⑤ - 無処理試験区⑤ 無処理

試験区③ - アグリボEX 1,000倍 / 着果枝全体試験区③
アグリボEX 1,000倍 / 全体

試験区④ - アグリボEX 1,000倍 / 果実のみ試験区④
アグリボEX 1,000倍 / 果実

試験結果から応用できる作物

詳しくはアグリボ製品の作物別ご使用方法 “アグリボこよみ” をご覧ください。

上記以外の作物のこよみ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には Adobe Reader (無償) が必要です。
インストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロードしてください。

このページのトップへ