味覚宣言 “秀品率を向上させよ”

強い止め葉を作る

登熟期に米粒へ養分を送り込み、粒張りが良くクズの少ない米を作るのに重要な働きをするのが、止め葉を含む上位3葉です。この3枚の葉は幼穂形成期(出穂2530日前)には体内で幼葉として目覚めています。

そのためこの当たりで追肥を行うと、登熟期には止め葉を含む3葉のボリュームが出て、十分なデンプンを米粒に集積することができます。

またこの時期に、この3枚の葉につながる根も出始めます。

しかし、収穫期までその根がしっかりとしていなければ、葉は生きることができません。この根を収穫まで維持することが、上位3葉を生かすために必要になります。

「味覚宣言」は、幼穂形成期に使用しますので、上位3葉につながる根をしっかりと張らせることができ、登熟期に活躍する葉を生かすことができるようになります。

「味覚宣言」の使用とともに、収穫期まで活き活きとした葉が残るように、根を傷めないような管理を心がけてください。

平成18年度試験の様子

画像クリックで拡大 (197.41KB)

 平成6年度試験 もみの様子 

もみ比較画像クリックで拡大
111.86KB

対照区

アグリボ味覚宣言区

対照区画像クリックで拡大
97.04KB

対照区

施用区画像クリックで拡大
94.60KB

施用区

このページのトップへ