アグリボ3 “曇天による生育不良を克服せよ”

曇天克服への第一歩

「アグリボ3」は、天候不順時の生育不良を克服するための1つの手段として開発された製品で、近紫外線に反応して曇天時の光合成を手助けする「酸化チタン」を配合しているところが特長です。

他にも、曇天時に発生しやすい生育障害を予防・改善するために、アグリボEXの主成分とアミノ酸の一種であるメチオニンを配合しております。

天候不順を乗り越えていくためには、アグリボ3だけで克服できるわけではありません。

栽培管理(日照不足による農作物への影響と対策)との組み合わせで克服への第一歩にしていきましょう。

「アグリボ3」の作用機作と効果発現メカニズム

アグリボ3の作用機作と効果発現メカニズム

(注) 本図は、過去のアグリボ剤及びエチレンに関する学会発表、学術論文及び文献等で確認された作用機作に基づき、製品のもたらす効果のメカニズムを解り易く解説したものであり、効果を保証するものではありません。

 トマト育苗における遮光条件(日照不足時を想定)生育試験 

■ 目的

寒冷紗(70%カット)を用い、日照量を晴天の約30%に制限し、
日照量が不足した際の「アグリボ3」の効果を確認する。

■ 処理内容

調査2週間前より寒冷紗で遮光、2,700倍希釈のアグリボ34日おき2回散布する。

■ 結果

アグリボ3 無処理に比べ、地上部で 128% 地下部で 152% 生育が増大した。

「アグリボ3」トマト遮光条件生育試験-1画像クリックで拡大 (85.85KB)

無処理

アグリボ3

「アグリボ3」トマト遮光条件生育試験-2画像クリックで拡大 (80.72KB)

無処理

アグリボ3

このページのトップへ